第12回CLUB EMERGOラウンジセミナーのご案内

医療機器ユーザビリティエンジニアリングの基礎知識

概要

医療機器の設計開発段階において、その有効性・安全性の確認は要であり、とりわけリスクマネジメントに裏付けられた安全性の確保は規制要件としても要求されています。また、医療機器のヒューマンエラー・誤使用の防止は医療機器のリスク評価でも重要な課題として注目されており、ISO13485:2016でも、設計・開発へのインプットとして、ユーザビリティに関する事項が求められるようになりました。医療機器のユーザビリティエンジニアリングを実施する上で、ユーザビリティエンジニアリングプロセスは、リスクマネジメントプロセスと深く関わってきます。医療機器のユーザビリティエンジニアリングについては、国際規格IEC62366-1が存在しており、主要国におけるユーザビリティエンジニアリング規制の基礎となっています。第12回となるラウンジセミナーでは、医療機器のユーザビリティエンジニアリングを取り上げ、国際規格IEC62366-1の概要説明や、リスクマネジメントにおけるユーザビリティの考え方、取り組み方等について解説いたします。
最後にエマーゴジャパンのリスクマネジメント、ユーザビリティエンジニアリングに関するサービスについてもご紹介させていただきます。

テーマ:
医療機器ユーザビリティエンジニアリングの基礎知識

トピック:

  • 国際規格IEC62366-1の概要
  • リスクマネジメントにおけるユーザビリティエンジニアリング考え方、取り組み方について
  • エマーゴ・ジャパンの関連サービスのご紹介


講師:
エマーゴ・ジャパン株式会社
ディレクター/COO
矢代 献二

= 予定人数に達したため、受付を締め切りました =

日時・受講料

開催日 :2017年2月24日(金)
時  間:16:00~17:30
      *受付時間は15:40~となります
     
会  場:エマーゴ・ジャパン株式会社
     東京都新宿区払方町19-1エムジー市ヶ谷6階
     最寄駅:東京メトロ「市ヶ谷」駅、都営地下鉄大江戸線「牛込神楽坂」駅
定  員:10名

*お申込み人数により、1社より複数名様ご希望頂きました場合、1名様もしくは2名様にてお願いする場合がございます。何卒ご了承ください。

参加費:無料(CLUB EMERGOへの会員登録が必要です)